祖母

その嫁は、平六が寝静まる夜中になると布団からそっと抜け出し

しばらく戻って来ないのだった


平六は 便所が長いものと思っていたが

とても気になり

ある夜 寝たふりをして 嫁の後をつけた


便所に行くであろうと思っていたが

何故か 嫁は台所に入っていった


はて?

こんな夜中に 台所に何の用だろう、、、

平六は 気付かれないように

そっと のぞいて見た


なんと⁉️  そこには

頭が 大きく裂けた口から

 お櫃に入っている米を

むしゃむしゃ 食べてる  

化け物になった嫁がいた!


平六は 歩けないほどに腰が抜け 

這って布団に戻って ブルブル震えたいた


間も無く 嫁が戻ってきて平六に言った


おまえみたな!!



うわぁー  :(;゙゚'ω゚'): ばあちゃんこわいよ〜


何言ってる

( ̄^ ̄)お化けなんて何にも こわくね

一番こわいのは  人だ‼︎


えっ ?  (´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)



先日、祖母の法事があり

昔 こんな話をしてくれたのを思い出した

ブレイクタイム!
スポンサーサイト



プロフィール

のん

Author:のん
アウトドアもインドアも好きです。

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

応援よろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR